タイ・バンコクの求人・転職
サポートのワークポートタイランド

お役立ちコンテンツ

タイ・バンコクで働くには
どうしたらいいの?

タイ国内での就業あれこれ(日本人向け)

タイ国内でのビザの取得方法や労働事情や注意点など、日本人の方に
向けてタイ国内での就業についてのあれこれをお伝えします。

タイ国内での就業あれこれ(日本人向け)タイ国内での就業あれこれ(日本人向け)

タイビザの種類とビザの取得方法について

タイビザの種類とビザの取得方法について タイビザの種類とビザの取得方法について

タイへ入国する際にはビザが必要となります。しかし、観光目的でタイへ訪れる場合、
日本のパスポートを持っており条件を満たせばビザがなくても通常30日間の滞在が出来ます。
これは「ノービザ(無査証)」と呼ばれています。
30日間を超える滞在や、観光目的以外ではビザの取得が必要になりますので、
ビザの種類や取得方法について覚えておくことが良いです。

・ノービザ(無査証)入国の条件
タイへ観光目的で訪れる際、日本のパスポートを所持しており、
パスポートの有効期限が6ヶ月以上で30日以内に第3国へ出国する航空券を所持していれば、
イミグレーションで通常30日間の滞在許可を取得することが出来ます。
特にビザ(査証)取得の必要がなく、パスポートにスタンプを押印されるだけなので、ノービザ(無査証)と呼ばれています。
万が一、滞在を延長する場合は、イミグレーションにて7日間から最長30日間の延長が可能です。

タイビザの種類

タイビザの種類は3種類ですが、ビザによっては滞在形態や目的によってカテゴリーが分けられているものがあります。

(1)ツーリストビザ

タイへ観光目的で滞在するために取得するビザで、ノービザでの滞在可能日数の30日を超える場合に取得する
必要があるビザとなります。ツーリストビザの滞在許可日数は最長60日間です。
タイ滞在時にノービザからツーリストビザへの切り替えは出来ないため、タイへ渡航する前にタイ王国大使館・領事館で
申請取得しておく必要があります。ビザの有効期間内であっても出国すると失効してしまうシングルエントリーと、出国して再入国が可能なマルチプルエントリーの2タイプがあります。有効期間はシングルエントリーの場合は90日間、マルチプルエントリーの場合は180日間になります。

(2)ノンイミグラントビザ(非永住ビザ)

タイに滞在する形態や目的によって13種類のカテゴリーに分けらているビザで、有効期間は90日間です。
ビザの有効期間内であっても出国すると失効してしまうシングルエントリーと、出国して再入国が可能なマルチプルエントリーの2タイプがあります。
しかし、滞在目的によってはシングルエントリーしか取得出来ない場合があります。

※表は左右にスライドできます

カテゴリー 滞在形態や目的 最長期間
B
就労
タイでの就労。
タイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)、タイ入国管理局にて滞在延長を申請する必要があります。
シングルエントリーしか取得出来ません。
90日
B
業務
ビジネスの会合や集会、会議などへ出席。
通常の有効期間は90日ですが、条件をクリアすれば3年という長期のものも取得可能です。しかし、有効期間内にタイで雇用されることは出来ません。またシングルエントリーは取得出来ずマルチプルエントリーのみとなり、1回の滞在期間は90日以内となっています。そのため、期間内であっても出入国をしないといけません。
90日 or 3年
B
教師
教師になる。
タイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)、タイ入国管理局にて滞在延長を申請する必要があります。
シングルエントリーしか取得出来ません。
90日
B
興行
芸術関連のパフォーマンスや興行をする。
シングルエントリーしか取得出来ません。
90日
ED 教育機関における学習や研究。または仏教学習や修行。
シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。
90日 or 1年
RS 学術調査研究またはNRCT(National Research Council of Thailand)での研究。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。 90日 or 1年
O
タイ人配偶者
タイ人の配偶者もしくは扶養家族。
シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。
90日 or 1年
O
外国人配偶者
タイ王国で正規就労する外国人の配偶者もしくは扶養家族。
シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。
90日 or 1年
O
年金受給者
日本または他国の政府の年金受給者の長期滞在。
シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。
90日 or 1年
OA
ロングステイ
満50歳以上で就労を目的としない長期滞在。
マルチプルエントリーしか取得出来ません。
ボランティア ボランティア活動。 90日
外交公用 日本政府公認の外交官または日本政府公認の外交代表の訪問。
メディア 記者やカメラマンなど報道関連の仕事をするためにタイに90日以上の駐在。

(3)イミグラントビザ(永住ビザ)

タイに永住することが出来るビザです。取得に際しての最低必要条件は、タイで就労許可証を取得して3年以上働いていることや、
配偶者がタイ人であることとなっています。それ以外にもタイ語でのコミュケーション能力や日本人であれば年間100人までしか取得出来ないなど、取得には様々な条件があります。

タイビザの取得方法

タイビザの取得は基本的にタイ国外で取得します。しかし、ノンイミグラントビザに関してはタイ国内でも取得が可能です。
その場合、申請時に所持するビザの残存日数が15日以上ある必要があります。
このノンイミグラントビザの取得方法に関しては『タイの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類』ページにて解説しています。タイのツーリストビザは、基本的に各国のタイ王国大使館・領事館で申請し取得します。

必要書類

  • a. パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの)
  • b. 申請書(全ての項目を記載し署名したもの)*滞在先の住所が必要となります。[大使館ページよりダウンロード可能]
  • c. カラー証明写真(3cm x 4cm)*申請書に貼付する。
  • d. 航空券もしくは予約確認書のコピー *申請者名・渡航日(入国日・出国日)の記載がされている必要があります。
  • e. 経歴書(Personal History) [大使館ページよりダウンロード可能]
  • f. 銀行残高証明書原本(シングルエントリーは20,000THB以上、マルチプルエントリーは200,000THB以上の残高が必要となります。)
  • g. タイへの渡航目的を記した書面
  • h. 職業証明書原本もしくは休職証明書原本
  • i. 宿泊先に関する書類(予約確認書など)
  • j. 大使館・領事館より上記の書類の英語版を求められた場合、書類発行国の公証が押された書類
  • k. その他、大使館・領事館より求めらた書類

*通常個人であればシングルエントリーを申請する場合は、上記全てを求められないことがありますので申請前に大使館・領事館へご確認下さい。

タイビザの特徴

90日レポート
タイに90日以上滞在する全ての外国人は、最寄りのイミグレーションに現住所を報告する必要があります。申請日は該当日の15日前から7日後までとなっています。
万が一、90日レポートを提出を忘れたり、提出をしなかったりした場合は、罰金として5,000THBに加え遅れた日数 x 200THBを取られます。

提出方法

○イミグレーションで申請する
・申請期間:該当日の15日前から7日後までに本人もしくは代理人が最寄りのイミグレーションへ行き提出する。
・必要書類:パスポート、申請用紙
○イミグレーションへ郵送する
・申請期間:該当日の15日前までに書留にて発送する。
・必要書類:パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプ押印されているページ、出国カードのコピー、必要項目を記入した申請用紙、返信用封筒(住所を記入の上、切手を貼る)
*通常、30日以内に返信されますが、90日レポート完了の用紙が届かない場合はイミグレーションに問い合わせる必要があります。
また郵送時に郵便局で発行されるレシートは保管しておいて下さい。
○オンラインで申請する
・申請期間:該当日の15日前から7日前までに、イミグレーションサイト内より必要事項を記入する。

注意点

・該当日は、入国日を1日目として数えるため、一度出国すると再入国日から数え直しになります。
・申請するイミグレーションは居住地によって決まっていますので事前に確認する必要となります。

オーバーステイ

ビザで認められている滞在期限を超えてタイに留まった場合はオーバーステイになり、
タイの法律では違法行為となります。2日間の猶予期間がありますが、
それを超えると1日当たり500THBの罰金が科せられ、最大20,000THBの罰金を支払い直ちに出国する必要があります。
40日以上のオーバーステイをした場合は、逮捕・拘束されることがあります。バンコクにある移民収容センターに留置され、
尋問されます。また友人や家族、大使館のスタッフの助けでタイ出国のための航空券を取得してもらえるまで留置されます。

再入国許可

ビザの滞在許可日数が残っている場合で、タイから出国をし再入国をする必要があれば、
事前に再入国許可(リエントリーパーミット)を取得する必要があります。
再入国許可を得ずに再入国しようとすると、それまでのイミグラントビザの滞在許可は失効してしまい、
ビザの再申請をしないといけません。
再入国許可(リエントリーパーミット)は、ビザ期間内に1回出入国出来るシングルエントリー(1,000THB)、
ビザ期間内に2回以上出入国出来るマルチプルエントリー(3,800THB)の2種類あります。
出入国の度に取得する必要がありますが、出入国が3回までならシングルエントリーの方がお得です。
通常、チェーンワッタナーのイミグレーションで取得しますが、スワンブーム空港やドンムアン空港でも取得が可能です。
但し、空港の場合は窓口が閉鎖していることがありますので、チェーンワッタナーのイミグレーションで取得することが良いです。

必要書類

・パスポート
・パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプ押印されているページ)
・出入国カードのコピー
・カラー証明写真(4cm x 6cm)
・申請料(シングルエントリー 1,000THB、マルチプルエントリー 3,800THB)

*所要時間は通常1時間程度です。

タイの労働事情

タイの労働事情 タイの労働事情

タイの労働法(労働者保護法)は1998年に定められ、その後2010年12月改正され2011年1月17日に交付されています。
タイの法定労働時間は1日あたり8時間までで、それが週に6日間で48時間となっています。休憩は勤務開始後5時間以内に取る必要があり、
休憩時間は原則として1時間以上と定められています。

時間外手当となる残業代は基本賃金の50%増しとなり、2時間以上に及ぶ時間外労働(残業)は、
時間外労働(残業)を開始する前に20分の休憩が必要となります。(通常勤務の休憩1時間とは別になります。)
ちなみに1日8時間以上を超えた労働であっても週48時間を超えてなければ時間外労働手当は支給されません。

夜間勤務は夜10時から翌朝6時までとなっており、妊婦や18歳未満の若年者は労働者の承諾があっても夜間勤務をすることが出来ません。
年間の祝日数は年によって異なるものの、年間で15日前後あります。
休日勤務においては休日勤務手当が発生し、それは基本賃金の100%増しとなります。休日勤務で残業が発生する場合は基本賃金の200%増しとなります。
有給休暇は勤続1年以上を経過すれば年間で6日間取得することができます。

TOPTOP